お問い合わせはこちら

車種カタログデータベースvehicledb

車種カタログデータベース

車両カタログ(車両DB)

車両情報活用の基盤を提供するデータです。

車種カタログデータベース(車種DB)とは?

車種毎のグレード・標準装備・オプション・価値情報・画像などのデータを集約し、DB化したものです。
車種DBは、メーカー発行のカタログをベースに作成しており、車両情報の基盤として活用可能です。

データ内容

国産車※1※2、および主要輸入車を網羅しています。(2000年10月時点以降より最新まで)
車種・グレード毎にコード化し、それぞれにカテゴリー・諸元・各種税額・オプション情報などを保持しています。
詳細データ項目の具体例は、こちら

下記は一般的なデータ項目を抜粋したものです。
この他にも多数備えておりますので、より詳細を知りたい場合は、お問い合わせください。

基本データ(例)

・車種名、グレード情報、車種コード、画像・・・
・排気量、燃料、燃費(カタログ値)、駆動方式、ミッション、全長、全幅・・・
・自動車税、重量税、自賠責保険、リサイクル料・・・
・型式指定番号・類別区分番号…これらをキーとした車両確定、情報検索が可能です。

オプションデータ(例)

・ボディカラー、メーカーオプション、ディーラーオプション・・・
・各オプションの排他・セット組のシステム制御も可能です。

※1 乗用車の一部特別仕様車は、ご提供対象外となっております。
※2 トラックについては、積載量2トン以下のカタログモデルのみを収録しております。

ご利用方法

1 車種カタログデータベースの特徴

左右にスワイプさせて表を確認してください。

車種カタログデータベースの特徴
  • 約13万グレードを収録し、車種毎にユニークな車種コードを割り振っています。
    車種コード毎に基本データ(諸元情報等)と、装備データ(ボディーカラーやオプション等)を保持しています。
  • 各種オプションは、メーカーオプション・ディーラーオプション等の判別が可能です。
  • セットとなる装備や存在しない組合せを、システムで自動判定させることが可能です。
  • 車両本体標準価格はもちろんのこと、メーカーオプション・ディーラーオプション装備価格、
    ボディーカラーによるオプション価格も管理しております。

2 多様なフェーズでのご活用例

車両の絞込・管理の際に
車両の絞込・管理の際に

下記のようなキーで車両確定・情報検索が可能です。

  • メーカー名、カテゴリー、
    認定型式、初度登録
  • 型式指定番号、類別区分番号
  • 車種コード(当社独自設定)
車両の絞込・管理の際に

基幹システムやECサイト等のマスターとして利用する事で、ユーザーの利便性を向上させるだけでなく、将来の分析用基盤データとしてもご活用いただけます。

車両情報の表示の際に
車両情報の表示の際に

車両毎に、以下のような情報を管理しています。

  • 車両画像(1カタログ1画像)
  • 色情報(カタログ記載全ボディ色)
  • 諸元情報(全長、全幅、駆動、燃費、など)
  • 諸費用(取得税、リサイクル料、など)

各種提案時のカタログデータや、ECサイトの車両情報表示用にご活用いただけます。

3 貴社サービスへのご活用例

貴社商品・システム・サービスへのご活用例
貴社商品・システム・サービスへのご活用例
  • 基幹システムの車両マスタとしてご利用
  • 車両見積りシステムの基盤データとしてご利用
  • 中古車買取査定システムの車両絞込み機能としてご活用等

蓄積されたデータは、分析用基盤データとしてご活用いただけます。

上記以外にも様々な活用方法がございます。
当社では今までの活用例を基に、コンテンツの活用方法についてのご相談も承っております。
お気軽にご相談ください。

(参考)当社システムパッケージの基盤として

当社作成のシステムパッケージは、車種DBを自動車情報の基盤として用いております。
活用の一例として、下記に紹介させて頂きます。

シスろけっと オートリース業務パッケージ製品
CA Doctor 新車販売会社向け販売支援システム

Copyright © 2016 System Location Co., Ltd.
All rights reserved.